北茨城市史  別巻 4 (石炭史料 2)

北茨城市教育委員会 編

[目次]

  • 目次
  • 序 北茨城市長 村田省吾 / 1
  • 凡例 / 3
  • III 繁栄期の石炭産業 / 13
  • 七八 茨城採炭株式会社第二十六回報告(大正三年六月) / 15
  • 七九 工場表(茨城無煙炭礦株式会社第一礦業所・多賀炭礦)(大正五年二月) / 20
  • 八〇 茨城炭礦株式会社軌道敷設願いに対する華川村会議事録(大正五年十月) / 23
  • 八一 炭礦増資(大正六年・大正七年) / 33
  • 八二 石炭輸送問題(大正七年~大正八年) / 33
  • 八三 好況を報じる記事(大正六年~大正七年) / 38
  • 八四 唐虫炭礦騒動(大正八年) / 42
  • 八五 反動不況(大正八年~大正十年) / 50
  • 八六 不況からの回復(大正十年) / 52
  • 八七 関東大震災の影響(大正十二年) / 53
  • 八八 会社再編の動き(大正十四年~大正十五年) / 54
  • 八九 昭和不況概況(昭和五年~昭和七年) / 58
  • 九〇 重内・雁の倉の休山(昭和五年) / 70
  • 九一 大倉礦業の休山(昭和五年) / 82
  • 九二 大日本炭礦(唐虫坑)の休山(昭和五年) / 87
  • 九三 不況と鉄道運賃値下げ運動(昭和七年) / 95
  • 九四 景気回復(昭和七年~昭和十二年) / 115
  • 九五 労働争議(昭和七年~昭和十二年) / 131
  • 九六 大倉炭礦第四坑廃坑問題(昭和九年~昭和十年) / 135
  • 九七 磯原礦廃坑(昭和十年) / 137
  • 九八 礦業統制(昭和七年) / 138
  • 九九 戦時下の石炭産業(昭和十五年~昭和二十年) / 140
  • 一〇〇 黒ダイヤブーム(昭和二十一年~昭和二十五年) / 170
  • 一〇一 炭礦災害(大正九年~昭和二十五年) / 206
  • IV 衰退期の石炭産業 / 215
  • 一〇二 炭礦危機下の労働組合(昭和二十七年~昭和三十四年) / 217
  • 一〇三 炭界の不況と常磐炭礦茨城礦業所(昭和二十九年・昭和三十四年) / 222
  • 一〇四 不況の県北炭鉱地帯を行く(昭和三十四年) / 228
  • 一〇五 茨城地区石炭不況対策協議会の結成(昭和三十四年) / 237
  • 一〇六 長期ストによる常磐炭の活況(昭和三十五年) / 239
  • 一〇七 火力発電所誘致運動(昭和三十六年・昭和三十八年) / 242
  • 一〇八 炭礦の公害(昭和三十二年・昭和四十一年) / 245
  • 一〇九 諸炭礦の閉山(昭和三十一年~昭和四十四年) / 249
  • 一一〇 産炭地振興事業の推進(昭和四十年・昭和四十三年) / 264
  • 一一一 茨城礦業所の技術革新と合理化の推進(昭和三十年~昭和四十六年) / 268
  • 一一二 茨城礦業所の製品開発と関連企業の設立(昭和三十八年~昭和四十六年) / 287
  • 一一三 茨城礦業所神の山礦・中郷礦の閉山(昭和四十六年八月) / 294
  • 一一四 昭和四十七年度大規模炭鉱所在市町村実態調査<抄録> / 309
  • 解説 / 341
  • あとがき / 349

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 北茨城市史
著作者等 北茨城市教育委員会
書名ヨミ キタイバラキ シシ
書名別名 Kitaibaraki shishi
巻冊次 別巻 4 (石炭史料 2)
出版元 北茨城市
刊行年月 1996.3
ページ数 349p
大きさ 22cm
全国書誌番号
96072999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想