流浪(ながれ)鬼

鳥羽亮 著

料理屋笹川からの帰り道、米問屋のあるじと手代が首を掻き切られた。目撃者によると、襲ったのは町人風の男がふたり。死体の首筋に全く同じ傷が残っていたため、下手人はひとりと睨んでいた安兵衛は首をひねる。さらに香具師の元締めから用心棒を頼まれた流浪侍藤倉が、「月波」という刀法の遣い手に襲われた。米問屋と香具師を狙う輩の目的は。酒を置いた安兵衛が、喧嘩剣法で迎え撃つ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流浪(ながれ)鬼
著作者等 鳥羽 亮
書名ヨミ ナガレオニ
書名別名 流浪鬼

Nagareoni
シリーズ名 極楽安兵衛剣酔記 と20-29
徳間文庫 と20-29
出版元 徳間書店
刊行年月 2013.7
ページ数 276p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-19-893714-0
NCID BB22683032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22268181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想