夢と露の子ども : 飯田竜太論

杉橋陽一 著

現代俳句の頂点飯田龍太作品の細密な部分を斬新な手法で読み解きながら、子規・虚子以来の近代俳句史の筋目をも浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 天国的な子どもたち
  • 2 親子の闇
  • 3 それ自体の肉体
  • 4 客観と私のあいだ
  • 5 母と息子の曖昧さ
  • 6 団結する家族
  • 7 龍太は別な虚子像とともに近代を生きる
  • 8 龍太の夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢と露の子ども : 飯田竜太論
著作者等 杉橋 陽一
書名ヨミ ユメ ト ツユ ノ コドモ
出版元 白鳳社
刊行年月 1996.5
ページ数 289p
大きさ 20cm
ISBN 4826200846
NCID BN15313107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96072600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想