内乱記

カエサル 著 ; 国原吉之助 訳

古代ローマの運命を、内乱から平和へ、そして共和政から帝政へと大きく変えた英雄カエサルと政敵のポンペイユスとの対決を描く劇的な記録。前四九年ルビコン川を渡ったカエサルは、西はスペインから東はバルカン半島まで、北はアルプスから南は地中海を渡ってエジプトまでローマ世界を東奔西走して戦う。困難を克服し勝利するまでを、カエサル自ら迫真の名文で綴る、『ガリア戦記』と並ぶ重要史料。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内乱記
著作者等 Caesar, Gaius Julius
Caesar, Julius
国原 吉之助
カエサル ユリウス
書名ヨミ ナイランキ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.6
ページ数 304p
大きさ 15cm
ISBN 4061592343
NCID BN14519129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96071875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想