妖怪の通り道 : 俗信の想像力

常光徹 著

予兆・占い・禁忌・呪いを中心とする俗信は、現代でも私たちの日常生活にさまざまな影響を及ぼしている。妖怪や幽霊への関心も一過性のものではない。多様な民俗の中にひそむ俗信の姿を探り、日本人の心意現象に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神霊の宿る木(二股の木と霊性
  • 菅江真澄が描いた神の木
  • 縁切榎と俗信)
  • 2 怪異と妖怪(「土佐お化け草紙」の俗信的世界
  • 流行病と予言獣
  • 蚊帳をのぞく幽霊
  • 妖怪の通り道-なめら筋)
  • 3 民間説話と俗信(「食わず女房」と歳の晩
  • 「幽霊滝」と肝試し譚
  • 「偽汽車」と「消えた乗客」)
  • 4 俗信の民俗(長居の客と箒
  • 虫と天気占い
  • 巳正月と後ろ手
  • 道具と俗信-鍋と鍋蓋)
  • 5 伝説の時間と昔話の時間-研究史素描(伝説と昔話-伝説の三つの特徴
  • 世間話
  • 俗信)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妖怪の通り道 : 俗信の想像力
著作者等 常光 徹
書名ヨミ ヨウカイ ノ トオリミチ : ゾクシン ノ ソウゾウリョク
書名別名 Yokai no torimichi
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.7
ページ数 335p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-08195-5
NCID BB12938024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22272827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想