ゲーテ教育学研究 : その世界観・遊戯観・人間形成観

土橋宝 著

ゲーテの生きた時代は「教育の世紀」であった。ルソーやペスタロッチらの教育理念が市民や民衆教育に大きな影響を及ぼしていた。本書は、ゲーテにおける教育的思惟の特質と全体像を世界観、遊戯観、人間形成観の三つの側面から解明、ゲーテの教育的世界観をわが国現代教育学に初めて位置づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究の目的と方法
  • 第1章 世界理解の学問的基底
  • 第2章 ビルドゥングの思惟と諸範疇
  • 第3章 近代教育学における遊戯概念
  • 第4章 ゲーテの遊戯体験
  • 第5章 人間らしさの原像
  • 第6章 自然における人間形成
  • 第7章 世界史における人間形成
  • 終章 ゲーテと教育学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲーテ教育学研究 : その世界観・遊戯観・人間形成観
著作者等 土橋 宝
書名ヨミ ゲーテ キョウイクガク ケンキュウ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1996.6
ページ数 372, 25p
大きさ 22cm
ISBN 4623026574
NCID BN14548535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96071352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想