見えないものが見えてきた! : 阪神・淡路大震災から

今井勉 著

地震の活動期に入った以上、列島のどこに住んでいても、いつ何時、あなたを襲うか知れない。今回の震災では、今まで見えなかったものが見えてきた。そこで本書では、避難所閉鎖までの八ヵ月間(写真は一部十ヵ月余のものも)を市民の立場で検証、真の文化国家とは何かを探った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天災?いや人災や
  • あれは本当に地震?
  • 企業は差別することで生きのびる
  • 分譲マンションの正体は
  • 地震、雷、火事、親父
  • 自衛隊の本職は?
  • そんなに急いで安全か?
  • 数合わせでは血が通わん
  • 文明はガラス細工
  • 文明の利器にも嫌われものが〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見えないものが見えてきた! : 阪神・淡路大震災から
著作者等 今井 勉
書名ヨミ ミエナイ モノ ガ ミエテキタ
書名別名 Mienai mono ga mietekita
出版元 近代文芸社
刊行年月 1996.5
ページ数 160p
大きさ 20cm
ISBN 4773351004
NCID BN14850723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96069708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想