野村監督部下が育つ「将の器」

江本孟紀 著

部下の力を最大限にひきだす逆転の発想。ID野球の原点はI(いつも)D(だます)最下位候補ヤクルトを日本一に導いたのは「大阪商人式」の人材活用の手腕だった。人間野村克也の素顔を表から裏から徹底解剖。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本一となった将の思考法
  • 第2章 野村IDの意識革命
  • 第3章 部下が育つ人材活用法
  • 第4章 野村哲学の正体(ノムダスVSエモダス)
  • 第5章 人間、野村克也の素顔
  • 第6章 野村監督と比較監督論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野村監督部下が育つ「将の器」
著作者等 江本 孟紀
書名ヨミ ノムラ カントク ブカ ガ ソダツ ショウ ノ ウツワ
出版元 二見書房
刊行年月 1996.5
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 4576960520
NCID BN15138186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96069501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想