ルイス・ブニュエル

四方田犬彦 著

シュルレアリスムと邪悪なユーモア。ダリとの共作『アンダルシアの犬』で鮮烈にデビュー。作品ごとにスキャンダルとセンセーションを巻き起こした伝説の巨匠。過激な映像と仮借なき批評精神を貫いたその全貌を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前衛の顕現
  • 聖性と流謫
  • 悪夢と覚醒
  • ブニュエルの頑固さ
  • 補遺
  • 日本におけるブニュエル受容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルイス・ブニュエル
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ルイス ブニュエル
書名別名 Luis Buñuel
出版元 作品社
刊行年月 2013.6
ページ数 676p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86182-442-5
NCID BB1281133X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22269195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想