バイオテクノロジーの農業哲学 : 地域の個性を活かす

西尾敏彦 ほか著

プロの研究者も、農業に関心をもつ企業も、なにより、わが村の再興にかける農家も、それぞれに参加できる間口の広さ-それがバイオテクノロジーの魅力である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バイオテクロノジーが進める新しい村づくり
  • 第2章 技術の進歩とバイオテクノロジーの源流
  • 第3章 バイオテクノロジーで実現する環境調和型農業
  • 第4章 新しい産業革命・バイオテクノロジー
  • 第5章 発展途上国とバイオテクノロジー
  • 第6章 技術創造の担い手群像
  • 終章 かけがえのない地球のかけがえのない農業

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオテクノロジーの農業哲学 : 地域の個性を活かす
著作者等 中島 征夫
大沢 勝次
宮田 満
西尾 敏彦
大沢 勝次
今村 奈良臣
書名ヨミ バイオテクノロジー ノ ノウギョウ テツガク
シリーズ名 全集世界の食料世界の農村 17
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1996.5
ページ数 252, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4540951327
NCID BN14449293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96069322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想