日本倫理学

大崎勝澄 著

[目次]

  • 日本倫理學
  • 目次
  • 第一章 眞理國家日本の精華
  • 第一節 御稜威一元の日本世界國家 / 21
  • 第二節 中心に歸一せる大和の國 / 29
  • 第三節 不斷の天孫降臨 / 36
  • 第四節 宇宙の中心神位としての寶祚の無窮 / 45
  • 第五節 隨神の行 / 52
  • 第六節 現御神としての日本天皇 / 61
  • 第七節 天皇卽國家 / 67
  • 第八節 西洋の國王觀 / 77
  • 第九節 支那の帝王觀 / 85
  • 第十節 一君萬民の全一組織 / 92
  • 第二章 隨神史觀の「樹立」
  • 第一節 「今」・「こゝ」に生く / 99
  • 第二節 歷史的自覺 / 104
  • 第三節 光輝ある國史の成跡 / 113
  • 第四節 億兆一心の純粹持續的展開としての日本歷史 / 124
  • 第五節 日本歷史の惟神性と其の認識方法 / 133
  • 第六節 隨神史觀の本質 / 142
  • 第七節 稽古照今 / 148
  • 第三章 永遠の肇國
  • 第一節 復古卽維新 / 157
  • 第二節 永遠の現在 / 168
  • 第三節 動靜一如 / 178
  • 第四節 天祖開國の道 / 186
  • 第五節 永遠の肇國 / 195
  • 第六節 神人合一の行としての祭政敎 / 204
  • 第四章 世界皇化の本敎としての敎育勅語
  • 第一節 天皇中心の絶對宗敎 / 213
  • 第二節 國家組織の宗敎的體系 / 222
  • 一 「朕」の絶對的御立場に於ける思惟 / 222
  • 二 天地の「はじめ」に天地の「まこと」あり / 225
  • 三 忠より出でて忠に歸る / 232
  • 四 中心歸一の忠道 / 238
  • 五 繼承發展の孝道 / 245
  • 六 國體に淵源せる敎育 / 250
  • 第三節 臣民道の確立 / 257
  • 一 我は日本臣民なり / 257
  • 二 臣民道の實踐體系 / 259
  • 三 大調和の道 / 265
  • 四 正學の理想 / 276
  • 五 義勇奉公の倫理 / 283
  • 六 天壤無窮の皇運 / 292
  • 七 忠義の宗敎 / 299
  • 八 神ながらの忠道 / 306
  • 九 忠一本の道 / 312
  • 第四節 世界維新の主體的理念 / 314
  • 一 絶對規範としての「斯ノ道」 / 314
  • 二 皇道の主體的普遍性 / 318
  • 三 世界維新の究極理念としての「咸一徳」 / 324

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本倫理学
著作者等 大崎 勝澄
書名ヨミ ニホン リンリガク
書名別名 Nihon rinrigaku
出版元 第一書房
刊行年月 昭15
ページ数 331p
大きさ 20cm
NCID BA37785640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46069703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想