消化器疾患と分子生物学的アプローチ

本書は"基礎から臨床への橋渡し"という基本概念を念頭において、研修医から経験のある医師まで幅広く、肩が凝らないで読めるように、綿密な計画のもとに企画を試みた。up to dateな知見が豊富に含まれており、一読することにより分子生物学のノウハウが短時間で理解できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 分子生物学の基礎
  • 2 消化器系総論における分子生物学的アプローチ
  • 3 各種臓器に対する分子生物学的アプローチ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消化器疾患と分子生物学的アプローチ
著作者等 北島 政樹
書名ヨミ ショウカキ シッカン ト ブンシ セイブツガクテキ アプローチ
書名別名 Shokaki shikkan to bunshi seibutsugakuteki apurochi
出版元 メディカルレビュー社
刊行年月 1996.5
ページ数 177p
大きさ 21cm
ISBN 4896001354
NCID BN14537131
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96069220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想