阪神大震災の熱く長い一日

滝実 著

防災担当者必携の書。前消防庁長官が語る「消防の実態と今後の防災のあり方」。阪神大震災での不眠不休の消火・救出活動。大都市震災での消防の対応-「水の壁」作戦とは。地下鉄サリン事件での生死をかけた救出活動。知られざる消防の活躍、ほか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 運命の阪神大震災-消防庁長官就任当日に発生した大震災
  • 第2章 皇居炎上で殉職した消防士一七名-消防士の活躍と苦労
  • 第3章 大震災・大火災で火は消せるか-もしも東京を襲ったら
  • 第4章 これからの消防・防災システムのあり方
  • 第5章 八分の攻防-消防の仕組みと消防行政のあゆみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阪神大震災の熱く長い一日
著作者等 滝 実
書名ヨミ ハンシン ダイシンサイ ノ アツク ナガイ イチニチ
出版元 日本法制学会
刊行年月 1995.12
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 4931147232
NCID BN13695192
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96068968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想