指揮官の決断 : 一瞬の判断に賭けた男たちの戦い

三野正洋 著

ベストの決断は、どのようにして得られたのか-第二次世界大戦、ベトナム戦争から湾岸戦争まで、勝敗の帰趨を決する難局に立って決断を下さなければならなかった男たち34人を俎上にのせ、それぞれの決断と結果を複眼的視点から鋭く抉りとったユニークな人物論。地球という大舞台の上で、全精魂を傾けて決断を下したリーダーの大研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 未来を正確に見通していた男の悲劇
  • ドイツ海軍の三つの失敗
  • イギリス戦艦、フィヨルドに突入
  • 準備万端、タイミング絶好。しかし失敗
  • メルス・エル・ケビル港の悲劇
  • 「眼には眼を、歯には歯を」の失敗
  • 予想適中、ドイツ戦艦の英仏海峡突破
  • ある責任の形
  • ある提督の執念
  • 死守か、脱出か〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 指揮官の決断 : 一瞬の判断に賭けた男たちの戦い
著作者等 三野 正洋
書名ヨミ シキカン ノ ケツダン
書名別名 Shikikan no ketsudan
出版元 光人社
刊行年月 1996.5
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4769807600
全国書誌番号
96068863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想