女兵

謝冰瑩 著 ; 中山樵夫 訳

[目次]

  • 目次
  • 自序(原著者)
  • ふたたび征途に上る / 3
  • 車中にて / 10
  • 思ひ出の土地を踏む / 14
  • 南京一瞥 / 18
  • 恐怖の九・一八 / 22
  • 戰地の中秋 / 27
  • 「お前さん方、どこの國の人だえ?」 / 32
  • 橋上の傷兵 / 36
  • 美しい村娘 / 41
  • 戰士の血潮に手を染めて / 45
  • 私達は死に絶えない / 50
  • 「飛行機は怕い」 / 55
  • 戰地の砲聲 / 59
  • 二人の無知な人民 / 64
  • 嘉定城巡禮 / 67
  • 又も戰場にて逢ふ / 73
  • 夜の火線を行く / 76
  • 前線の享樂 / 80
  • 敵の砲火を冒して進む / 83
  • 恐怖の一日 / 89
  • 上海行 / 97
  • 「決して戀愛を語るな」 / 102
  • 自分の家が分らない / 107
  • 戀愛規則三個條 / 110
  • 上海勞働婦女戰地服務團 / 114
  • 敵の秘密 / 120
  • 戰地の誕生日 / 122
  • 寂しいから火線に行かう / 128
  • 太倉に退く / 134
  • 蘇州の警報 / 138
  • 新同志を迎へて / 145
  • 軍民合作 / 150
  • 瀏河の彈痕 / 156
  • 再び瀏河を渡る / 161
  • 豆打ちを手傳ふ / 165
  • 三たび瀏河を渡る / 167
  • 漢奸の訊問 / 173
  • 爆彈を見る / 177
  • 龍華の月 / 179
  • 慰問品募集 / 183
  • 大場鎭の夜 / 185
  • 女は確かに男に敵はない / 193
  • たうとう病氣 / 196
  • 夢ではあるまいか / 203
  • 四たび瀏河を渡る / 205
  • 藁の夜具 / 209
  • 名譽の褒章 / 211
  • 熱病を患ふ / 213
  • ×× / 215
  • 副團長の改選 / 218
  • 蘇州に病を養ふ / 220
  • 兵隊作家 / 222
  • 趙さんの傑作 / 224
  • 悲壯な別れ / 226
  • 靜かな生活 / 229
  • 文學小隊長 / 232
  • 坊ちやん兵 / 237
  • 父の手紙 / 239
  • 嘉定に歸る / 242
  • 戰地が私の家 / 243
  • 熱烈な會合 / 246
  • よそに泊る / 248
  • 漢奸の毒計か / 251
  • だらしない兵隊をどうするか / 254
  • 謎のやうな電話 / 258
  • 撤退 / 262
  • 蘇州の亂鐘 / 267
  • 敗殘兵 / 271
  • 䖧のわいた傷口 / 275
  • 船頭も逃げた / 279
  • マリア・テレサ / 282
  • 口八丁 / 285
  • 船を掠奪する / 289
  • 暴風雨の中を無錫へ / 293
  • 惠山の風光 / 296
  • 泥田の中に轉ぶ / 301
  • 莊家の娘の自殺 / 306
  • 酒と爆彈 / 308
  • 飛ばされた自動車 / 312
  • 小包を送る兵 / 314
  • 上海の消息 / 318
  • 先を爭つて船に乘る / 322
  • 蕭條たる首都 / 325
  • 思はぬ福運 / 328
  • 萬年筆 / 331
  • 「前線で又會ひませう」 / 335
  • 原著者の夫として

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 女兵
著作者等 中山 樵夫
謝 冰瑩
書名ヨミ ニュイウピン
出版元 三省堂
刊行年月 昭15
ページ数 336, 7p
大きさ 20cm
NCID BN07725721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46069720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想