「つい、うっかり」から「まさか」の失敗学へ

中尾政之 著

リーマンショックから東日本大震災を経て、日本が大きく変わってきたことを、本書では、「まさか」の失敗と「まさか」の成功に注目して述べている。今こそ、「つい、うっかり」の失敗だけでなく、"地雷"(そんなものだと諦めて放置されたリスク)の撤去作業も始めるべきである。放置されていたリスクが顕わになったのが、福島第一原発での事故である。社会は待ってくれない。本書を通じて、成功と失敗の裏に隠された"違和感"、つまりは「攻めの失敗学」について深い理解を得ることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 工学部の教授から若者へ-若者よ、エンジニアになろう(東日本大震災を見て過去を振り返った
  • 低成長時代でも、個々の企業の浮き沈みは大きい ほか)
  • 第2章 最近、失敗学も変化した(東日本大震災が、皆の興味を引くような失敗を変えた
  • 日本の安全と品質は、相対的に劣化した ほか)
  • 第3章 福島第一原発の事故に"勝利の方程式"はあったのか(勝利の方程式は存在した
  • 原発の設計において、エンジニアは何を考え落としていたのか ほか)
  • 第4章 "複雑設計"による「まさか」の失敗が世の中に蔓延する(複雑設計は人事を超える
  • コンピュータが複雑設計を引き起こす ほか)
  • 第5章 新商品のデザインは知識外の違和感から思考が始まる(「まさか」の失敗と期待以上の成功は心理的障壁を排して生まれる
  • 日本の安全・品質を高めるのは、違和感をもった変人である ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「つい、うっかり」から「まさか」の失敗学へ
著作者等 中尾 政之
書名ヨミ ツイ ウッカリ カラ マサカ ノ シッパイガク エ
書名別名 Tsui ukkari kara masaka no shippaigaku e
出版元 日科技連出版社
刊行年月 2013.6
ページ数 193p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8171-9480-0
NCID BB1286216X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22269851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想