モラリア  10

プルタルコス 著 ; 伊藤照夫 訳

「歴史の父」ヘロドトスの歴史眼に向けられた、あまりに過激で執拗な批判が、著者の穏健なイメージに似つかわしくないことから、真偽論争まで引き起こした『ヘロドトスの悪意について』のほか、アッティカ弁論家10人に関する貴重な伝記資料『十大弁論家列伝』、露骨なまでの新喜劇贔屓がプルタルコスの時代性を炙り出す『アリストパネスとメナンドロスの比較論概要』など4篇を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 借金をしてはならぬことについて
  • 十大弁論家列伝
  • アリストパネスとメナンドロスの比較論概要
  • ヘロドトスの悪意について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モラリア
著作者等 Plutarch
Plutarchus
三浦 要
中村 健
丸橋 裕
伊藤 照夫
和田 利博
戸塚 七郎
松本 仁助
瀬口 昌久
田中 龍山
プルタルコス
書名ヨミ モラリア
シリーズ名 西洋古典叢書 / 内山勝利, 大戸千之, 中務哲郎, 南川高志, 中畑正志, 高橋宏幸 編集委員 G079
巻冊次 10
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2013.6
ページ数 214p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-87698-286-8
NCID BA31020312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22264935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想