衛星通信の基礎と応用

平田康夫 ほか共著

衛星通信は情報伝達のメディアとして、この30年間、情報通信の発展を支え、特に国際通信の分野では重要な役割を担ってきた。さらに近年では、衛星放送、移動通信、ナビゲーション等、その利用分野は大きな広がりをみせている。本書は、この衛星通信について、研究者・技術者がその基礎技術をマスターし、応用分野を理解する上で役立つ入門書としてまとめられた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 衛星通信の基本要素
  • ディジタル衛星通信方式
  • 通信衛星
  • 地球局設備
  • 衛星通信システムの設計
  • 衛星システムの運用
  • 衛星通信の新しい応用分野

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 衛星通信の基礎と応用
著作者等 伊藤 泰彦
平田 康夫
阿部 宗男
書名ヨミ エイセイ ツウシン ノ キソ ト オウヨウ
シリーズ名 エレクトロニクスと情報・メディア・人間 7
アドバンストエレクトロニクスシリーズ 7
出版元 培風館
刊行年月 1996.5
ページ数 240p
大きさ 22cm
ISBN 4563036471
NCID BN14362821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96067656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想