輪廻転生を考える : 死生学のかなたへ

渡辺恒夫 著

私はどこから来てどこへ行く。前世は何、死後は。自己が自己である理由を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 浮上し、圧殺される若者たちの問い
  • 第1章 輪廻転生観の歴史
  • 第2章 前世の記憶の「経験科学」
  • 第3章 独我論対遍在転生観
  • 第4章 「私はだれ?」の哲学
  • 終章 華麗なる死生学の誕生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 輪廻転生を考える : 死生学のかなたへ
著作者等 渡辺 恒夫
書名ヨミ リンネ テンショウ オ カンガエル
シリーズ名 Jeunesse
講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1996.5
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 4061493035
NCID BN14331475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96067199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想