乱れ聖妻

赤松光夫 著

「ああ、痺れる-。一人もいいけど、二人もいい…」。夫の甥とその友人をまとめて面倒みて、青柳千鶴は積乱雲の中にツッ込んでいく胡蝶のような自分を感じていた-。千鶴はまだ二十八歳。バブル不動産会社のオーナーの再婚相手におさまってみたものの、バブルがはじけたとたんに夫の巨根もはじけとび、青菜に塩のナメクジに。若くして仮性未亡人となってしまった。それでも夫への貞節を誓い、献身的な妻であろうと心がけたのだが…。生々しい女の性がゾンビのように身悶え始め、千鶴は情欲の炎と化すのであった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乱れ聖妻
著作者等 赤松 光夫
書名ヨミ ミダレ ヒジリズマ
書名別名 Midare hijirizuma
シリーズ名 Tokuma novels
出版元 徳間書店
刊行年月 1995.9
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 4198502528
全国書誌番号
96066794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想