千利休 : 己れの美学に殉じた男

土岐信吉 著

「あれほど待ち望んだ平和が招来したとたん、朝鮮、明に出兵しようとは…とうとう心まで老いて魔道に入ったか」。面前で平然と言い放つ利休に、秀吉は思わず懐刀に手をかけた-。信長、秀吉に仕え、茶の湯の頂点を極めた男、千利休。しかし一方で利休は、恐るべき秀吉の秘密を知ってしまったのだった。秀吉と利休の関係を新しい解釈で描き、自刃の謎に迫る傑作歴史小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 千利休 : 己れの美学に殉じた男
著作者等 土岐 信吉
書名ヨミ セン ノ リキュウ
シリーズ名 PHP文庫
出版元 PHP研究所
刊行年月 1996.5
ページ数 423p
大きさ 15cm
ISBN 4569568939
全国書誌番号
96066727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想