赤穂騒動影の軍師

木村紃也 著

大石良雄の同族、軍学の権威、津軽藩士大石郷右衛門は茶器商彦兵衛の協力のもと吉良の情報を集める。秘かに郷右衛門を支援する藩主津軽信政。主君上杉綱勝の急死は、わが子の綱憲を米沢上杉家の当主につけたい吉良上野介の手による毒殺と確信して密かに養士を援ける千坂兵部。天野屋利兵衛と改名して「赤穂のかくし塩」を密売して資金を調達する九郎兵衛。赤穂騒動裏面の闇を鋭く照射。討入り成功の数日後、板谷峠の白雪を染めて割腹して果てた九郎兵衛-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤穂騒動影の軍師
著作者等 木村 紃也
木村 〓也
書名ヨミ アコウ ソウドウ カゲ ノ グンシ
書名別名 Ako sodo kage no gunshi
出版元 叢文社
刊行年月 1996.5
ページ数 315p
大きさ 20cm
ISBN 4794702434
NCID BA30760277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96066635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想