花鳥諷詠の論 : 日本文化の一典型としての俳句

大輪靖宏 著

本書は俳句の文芸的な価値についての理論と、句の内包する世界の追求を通して、花鳥諷詠を基本とする伝統的な俳句に、芸術的な価値を積極的に見出そうとする試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 花鳥諷詠の論理(日本文化の一典型としての俳句
  • 花鳥諷詠の意義
  • 自然諷詠の意義と季語の必要性
  • 俳句を成り立たせる不完全性
  • 俳句の根本たる波紋状効果 ほか)
  • 第2部 花鳥諷詠の実際(花鳥諷詠の基本たる写生-清崎敏郎句集『系譜』を例に
  • 花鳥諷詠の芸術性-深見けん二句集『花鳥来』を例に
  • 花鳥諷詠の多彩な表現能力-西村和子句集『かりそめならず』を例に
  • 苦みある俳諧性-行方克巳句集『知音』を例に
  • 具象性から象徴性へ-鈴木貞雄句集『麗月』を例に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花鳥諷詠の論 : 日本文化の一典型としての俳句
著作者等 大輪 靖宏
書名ヨミ カチョウ フウエイ ノ ロン
出版元 南窓社
刊行年月 1996.4
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4816501916
NCID BN1455579X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96066574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想