南洋印度等に於ける電気通信事業視察報告

白石源吉 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 タイ國の通信事業視察
  • 一、 バンコツクへ着いて / 1
  • 二、 タイ國の對外通信事業とその事情 / 3
  • 三、 無線利用の關係 / 5
  • 四、 我が無線國策を海外に徹底せしむるの必要 / 6
  • 五、 視察と印象一束 / 8
  • 第二章 ビルマに於ける通信事業
  • 一、 タイ國からビルマへ / 11
  • 二、 ビルマの電信事情 / 12
  • 三、 ビルマに於ける英帝國の通信政策 / 17
  • 四、 在留日本人その他との接觸 / 19
  • 第三章 カルカツタの電氣通信事情
  • 一、 ラングーンからカルカツタへ / 21
  • 二、 在留日本人との接觸 / 21
  • 三、 カルカツタ電信局の橫顏を覗く / 23
  • 四、 IRCのカルカツタ駐在員カンポス氏と會見 / 26
  • 五、 カルカツタからの「RTP」問題 / 30
  • 六、 印度との國際通話の問題 / 32
  • 七、 カルカツタ放送局訪問 / 34
  • 八、 印度に於ける英國の通信料金政策 / 34
  • 九、 大英帝國屬領の主要地から印度への郵便料金 / 38
  • 第四章 孟買に於ける通信事業
  • 一、 甲谷陀から孟買へ / 40
  • 二、 孟買中央電信局を外から覗く / 40
  • 三、 福井領事の好意 / 42
  • 四、 日本の商社訪問 / 43
  • 五、 印度上海間の通信に付て / 44
  • 六、 孟買のルーター・サーヴィス / 45
  • 七、 我が對印國際電話に對する印度側の一意見に付て / 47
  • 八、 IRCのラヂオ・ハウスへ / 48
  • 九、 IRCの通信室訪問 / 50
  • 一〇、 印度の電信制度 / 54
  • 一一、 孟買に於ける電信業務視察の印象竝に感想 / 55
  • 一二、 各所にて講演す / 58
  • 第五章 新嘉坡の電氣通信機關を衝く
  • 一、 私の着いた時の新嘉坡の情勢 / 60
  • 二、 先づ日本商社から電信に對する聲を聽く / 60
  • 三、 C&W會社と我が總領事館との交渉の跡を探る / 62
  • 四、 C&W會社の不合理な諸點 / 64
  • 五、 愈C&W會社の支配人を訪問論難す / 66
  • 六、 C&W會社訪問の收獲 / 70
  • 七、 日本人及日本商社との接觸 / 72
  • 第六章 蘭領東印度の電氣通信事業
  • 一、 新嘉坡からバタビヤへ / 73
  • 二、 バタビヤ電信局參觀 / 73
  • 三、 C&W(舊イースタン)局訪問 / 78
  • 四、 日本人及日本商社との接觸 / 79
  • 五、 バンドンへ / 80
  • 六、 スラバヤへ / 80
  • 七、 マカツサ、バリクパパン、セブー寄港 / 81
  • 第七章 マニラに於ける通信事業視察
  • 一、 マニラの電信電話事業の槪觀 / 82
  • 二、 先づマニラ郵便電信局にルイズ氏を訪ふ / 83
  • 三、 ロングヂスタンス電話會社にステヴエノ氏を訪ふ / 85
  • 四、 RCA無線會社關係 / 88
  • 五、 マツケイ無線會社關係 / 95
  • 六、 「グローブ・ワイヤレス會社」といふもの / 102
  • 七、 グローブの低料金公表と各社の降服 / 103
  • 八、 マニラからの電報料金種々相 / 105
  • 九、 奇怪なるグローブ會社の料金表 / 106
  • 一〇、 マニラに於ける商業太平洋電信會社(CPC)と東方擴張電信會社(C&W) / 107
  • 一一、 マニラに於ける日本人との接觸 / 107
  • 第八章 香港に於ける電氣通信事業
  • 一、 香港に於ける英國の通信上の地位 / 109
  • 二、 香港の大北電信會社局 / 110
  • 三、 香港のC&W會社局とその事業 / 112
  • 四、 香港の大北會社やC&W會社の親切さ / 117
  • 五、 支那事變前と支那事變後との香港の對支通信 / 118
  • 六、 香港中心の英國の通信政策 / 119
  • 七、 香港に於ける「英帝國內料金制度」實施とその影響 / 122
  • 八、 パーン君の言つた、日本のとるべき對香港無線通信政策 / 127
  • 九、 英帝國內料金制度による日本の受くる被害 / 129
  • 一〇、 日本の料金政策に考慮の餘地なきや / 131
  • 一一、 隙間もなき英國の通信政策 / 134
  • 一二、 香港と支那との長距離電話に付て / 136
  • 一三、 香港と日本との間に航空便を開けとの切實なる意見 / 137
  • 第九章 上海に於ける通信事業視察
  • 一、 香港から上海へ / 140
  • 二、 同盟通信社上海支局訪問 / 140
  • 三、 大北電信會社局參觀 / 143
  • 四、 帝國上海局を訪ふ / 147
  • 五、 大利用者たる在上海大商社を訪問 / 149
  • 六、 國際電臺參觀 / 151
  • 七、 國際電臺で耳にした注目すべき事項 / 153
  • 八、 眞茹無線送信所參觀 / 154
  • 九、 華中電氣通信機關を强化して眞に實力あるものとならしめよ / 155
  • 一〇、 支那に於ける電氣通信技術者の養成に全力を盡せ / 156

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 南洋印度等に於ける電気通信事業視察報告
著作者等 白石 源吉
書名ヨミ ナンヨウ インド トウ ニ オケル デンキ ツウシン ジギョウ シサツ ホウコク
出版元 通信調査会
刊行年月 昭14
ページ数 156p
大きさ 23cm
NCID BB16278867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46067647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想