心理測定を活かした看護研究

横山和仁, 青木きよ子 編著

看護領域の研究でよく用いられる心理測定について、テストの理論、代表的な測定法、疫学研究のデザインと進め方、データ解析法、論文の書き方と学会プレゼンテーション、研究の実例などを紹介。研究に磨きをかけ、質の高い内容を完成させるために大切な事柄を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 看護研究の必要性と本質の目的
  • 第2章 心理測定とは何か
  • 第3章 代表的な心理測定法
  • 第4章 疫学研究のデザインと進め方
  • 第5章 データ解析法
  • 第6章 研究内容の表現と方法の選択
  • 第7章 看護研究における実例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理測定を活かした看護研究
著作者等 横山 和仁
青木 きよ子
書名ヨミ シンリ ソクテイ オ イカシタ カンゴ ケンキュウ
書名別名 Shinri sokutei o ikashita kango kenkyu
出版元 金子書房
刊行年月 2013.6
ページ数 170p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7608-2644-5
NCID BB12680821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22259324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想