院政期説話集の研究

伊東玉美 著

本書は『古事談』各巻の構成を綿密に分析し、その作業を通じてこの作品の説話文学史における位置を見定めようとし、併せて『古事談』と同じく言談の文学の系列に立つ『中外抄』『富家語』の性格をおさえ、それらに関った中原氏や高階氏が平安末期から中世初頭にかけての文学史において果たした役割を考察した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 『古事談』の研究(『古事談』の成立と本文
  • 『古事談』巻一王道后宮の構成
  • 『古事談』と『中外抄』・『富家語』
  • 『古事談』巻二臣節・巻三僧行の構成
  • 『古事談』の勇士像
  • 『古事談』巻五・巻六の構成)
  • 第2部 『中外抄』・『富家語』と院政期中原氏の基礎的研究(『中外抄』・『富家語』の基礎的研究
  • 院政期局務家中原氏の基礎的研究
  • 故実説話のメカニズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 院政期説話集の研究
著作者等 伊東 玉美
書名ヨミ インセイキ セツワシュウ ノ ケンキュウ
書名別名 Inseiki setsuwashu no kenkyu
出版元 武蔵野書院
刊行年月 1996.4
ページ数 283p
大きさ 22cm
ISBN 4838601581
NCID BN14316052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96065315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想