庭師小川治兵衛とその時代

鈴木博之 著

工業用水として計画された琵琶湖疏水を変じて、近代和風文化の粋を示す自然主義の庭園に用い、パトロンたちが自己を演出し、人びとと会い、決断を下し、孤独に沈潜するための「場」を創造しつづけた七代目小川治兵衛-その活動の軌跡から、日本における近代が生み出した精神を読み取る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 近代化のなかの琵琶湖疏水開発
  • 2章 はじまりとしての山県有朋
  • 3章 庭園におけるブルジョワジーと華胄界
  • 4章 琵琶湖疏水を庭園へ
  • 5章 庭園世界の拡大
  • 6章 数寄者たちの創造のあり方
  • 7章 最後のパトロン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 庭師小川治兵衛とその時代
著作者等 鈴木 博之
書名ヨミ ニワシ オガワ ジヘエ ト ソノ ジダイ
書名別名 Niwashi ogawa jihe to sono jidai
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2013.5
ページ数 279,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-063811-1
NCID BB1258468X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22263974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想