一科学史家の自伝

中山茂 著

広島での被爆、平凡社での編集者生活、ハーバード大学への留学、ニーダムやクーンらとの出会い、学内政治に巻き込まれた東大万年講師時代、パラダイム論の反響…草創期の科学史を世界の最前線で学んだ科学史家が初めて明かす、自らの八十余年の軌跡と戦後日本の科学史・科学技術が辿った歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 1928‐1952-誕生から大学卒業まで
  • 第2部 1952‐1959-平凡社入社からアメリカ留学まで
  • 第3部 1959‐1962-帰国、そして東京大学科学史・科学哲学教室へ
  • 第4部 1962‐1969-天文学史から科学史へ
  • 第5部 1970‐1978-クーンとパラダイム論
  • 第6部 1978‐1989-研究会づくりと執筆活動
  • 第7部 1989‐2011-デジタル・ヒストリアンへの道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一科学史家の自伝
著作者等 中山 茂
書名ヨミ イチ カガクシカ ノ ジデン
出版元 作品社
刊行年月 2013.5
ページ数 533p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-427-2
NCID BB12564558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22261192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想