帝揚羽蝶命名譚

今井彰 著

「たかが蝶のようなちっぽけなもの」に、なぜ天皇を意味する大げさな名前がつけられたのか。命名者リーチの足跡を調べ、当時、西欧で流行していたジャポニズムに焦点をあてる。その結果、浮かびあがってきたものは。日本産蝶につけられた学名に含まれるダイミョウ、ゲイシャ、サムライについても、その命名の由来を追究し、蝶をめぐる東西文化の交流を跡づける。蝶研究家としてのこだわりぶりが面白い「映画の蝶」、諧謔味あふれる「『ばたふらいの凋落』顛末記」なども収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 帝揚羽蝶命名の由来(命名のルーツをたどる
  • 大名、芸者、侍)
  • 2 西洋・蝶採集いまむかし
  • 3 東洋・蝶探訪にしひがし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝揚羽蝶命名譚
著作者等 今井 彰
書名ヨミ ミカドアゲハチョウ メイメイタン
出版元 草思社
刊行年月 1996.5
ページ数 201p
大きさ 20cm
ISBN 4794206968
NCID BN14806823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96064782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想