先生の<中学校日記>

渡辺貢二 著

中学生をもつ親たちへ。「新・中学校読本」の誕生。イジメ、ブカツ、受験…多感な年頃に中学生はさまざまな試練に出逢います。その傷つきやすく揺れる心をどう受けとめ、対処していったらいいか。こどもたちと親の声にじっと耳を傾けてきたベテラン現役教員が、教育現場の矛盾を見据えつつ、知恵とユーモアと愛情をもって綴った、知られざる中学校(生)の現在。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • センセーといわれるほどのバカだなあ
  • 一杯の気分で一本なめていく
  • 見ているとやる気も失せる背中なり
  • 何もかも背負って弁慶よろめきぬ
  • ばあさまは孫をとったと部をうらみ
  • このおれが立ち直らせたはいわぬもの
  • ウッソーッ、ベツニーッ、それで電話を1時間
  • 信心のない念仏の騒がしさ
  • 母子平穏ここにも塾のありがたさ
  • おたがいに家族元気で留守がいい〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先生の<中学校日記>
著作者等 渡辺 貢二
書名ヨミ センセイ ノ チュウガッコウ ニッキ
出版元 影書房
刊行年月 1996.4
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 4877142215
NCID BN14825205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96064714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想