銀行のコンピュータシステム復旧対応 : 阪神・淡路大震災に学ぶpart 2

NTT ほか執筆

大震災、コンピュータシステムはこうして守られた。銀行・メーカーが二人三脚で挑んだ復旧活動の全容を、ホストコンピュータ、端末機、通信回線それぞれについて詳細に記し、今後の災害対策の課題を示す。ネットワーク時代の危機管理をどうするか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 広域被災における銀行システム復旧への道のり
  • 2 ホストコンピュータの被災と災害対策
  • 3 端末機の被災と災害対策
  • 4 オンライン回線の被災と災害対策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀行のコンピュータシステム復旧対応 : 阪神・淡路大震災に学ぶpart 2
著作者等 日本電信電話株式会社
さくら銀行
太陽神戸三井銀行
富士通
日本ユニシス
日本ユニバック
沖電気工業
NTT
書名ヨミ ギンコウ ノ コンピュータ システム フッキュウ タイオウ
出版元 金融財政事情研究会
刊行年月 1996.5
ページ数 163p
大きさ 21cm
ISBN 4322122612
NCID BN15141817
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96064670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想