転換期の東アジア経済と日本

粕谷雄二 著

本書は21世紀の先進国入りに向け、構造転換の著しい東アジア経済を、主にマクロ政策的視点から論じ、日本の役割を再検討するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界経済秩序の模索と地域主義
  • 第2章 アジア開発途上国の開発と政府経済活動
  • 第3章 わが国中小企業の海外投資
  • 第4章 転換期を迎えた韓国の産業・貿易政策
  • 第5章 経済発展と韓国農業の変容
  • 第6章 補論-台湾経済の課題と木内信胤の台湾経済観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転換期の東アジア経済と日本
著作者等 粕谷 雄二
書名ヨミ テンカンキ ノ ヒガシアジア ケイザイ ト ニホン
シリーズ名 成文堂選書 25
出版元 成文堂
刊行年月 1996.3
ページ数 161p
大きさ 20cm
ISBN 4792341442
NCID BN14292704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96064623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想