現代経済学史1870~1970 : 競合的パラダイムの展開

松嶋敦茂 著

限界革命以降現代まで経済学100年の歴史的展開を、修正されたクーン・モデルに基づき、競合的諸パラダイムの成長進化の過程として、理論内在的に、より多元主義的に、従って経済学の歴史を一義的発展としてではなく多義的・進化論的なものとして理解しようとするユニークな試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「科学史」としての経済学史
  • 第1章 科学革命としての「限界革命」
  • 第2章 経済システムの「解析力学」
  • 第3章 「新古典」の基礎構築とそれを越えて
  • 第4章 パレートとシュンペーター
  • 第5章 1930年代の経済学研究
  • 第6章 ケインズ革命
  • 第7章 「経済理論批判への序曲」
  • 第8章 経済学における時間と無知-経済人像の変貌
  • 第9章 経済学と功利主義
  • 終章 新たなパラダイムのための覚書き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代経済学史1870~1970 : 競合的パラダイムの展開
著作者等 松嶋 敦茂
書名ヨミ ゲンダイ ケイザイガクシ センハッピャク シチジュウ センキュウヒャク シチジュウ
書名別名 Gendai keizaigakushi senhappyaku shichiju senkyuhyaku shichiju
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 1996.5
ページ数 293p
大きさ 22cm
ISBN 4815802904
全国書誌番号
96064615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想