金融の世界史 : バブルと戦争と株式市場

板谷敏彦 著

シュメール人が発明した文字は貸借記録の必要に迫られたものだった。ルネサンス期のイタリアに生まれた銀行・保険業と大航海時代は自由な金融市場をもたらし、国家間の戦争は株式・債券の基を創った、そして今日、進化したはずの国際市場では相変らずデフレ・インフレ・バブルが繰り返される…人の営みとしての「金融」を通史として俯瞰する試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 金利も銀行もお金より先にあった
  • 貨幣の幻想
  • アリストテレスの考え方
  • 中世の宗教と金融
  • 大航海時代
  • 東インド会社と取引所
  • 国債と保険の始まり
  • ミシシッピ会社と南海会社
  • アムステルダムからロンドンへ
  • イギリスからアメリカへ
  • 戦争と恐慌と大戦前後の日本の金融市場
  • 戦後からニクソン・ショックまで
  • 日本のバブル形成まで
  • 投資理論野展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融の世界史 : バブルと戦争と株式市場
著作者等 板谷 敏彦
書名ヨミ キンユウ ノ セカイシ : バブル ト センソウ ト カブシキ シジョウ
書名別名 Kin'yu no sekaishi
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2013.5
ページ数 287p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603728-3
NCID BB12569813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22255952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想