政治理論とポスト・モダニズム

S.K.ホワイト 著 ; 有賀誠, 向山恭一 訳

「行為への責任」と「他者への責任」、2つのキーワードを軸に、モダンの「忘脚」に対する自己批判的な問い直しとしてポスト・モダンの含意を最大限に汲み取る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論-ポストモダンの問題構制
  • 2 モダン‐ポスト・モダンの緊張関係を理解すること
  • 3 ハイデガーのポスト・モダニズムへの曖昧な遺産
  • 4 ハイデガーと他者性への責任
  • 5 「この笑いとこの舞踏から/の後で…」
  • 6 差異派フェニミズムと他者性への責任
  • 7 正義再考
  • 8 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政治理論とポスト・モダニズム
著作者等 White, Stephen K
向山 恭一
有賀 誠
ホワイト S.K.
書名ヨミ セイジ リロン ト ポストモダニズム
書名別名 Political theory and postmodernism

Seiji riron to posutomodanizumu
シリーズ名 テオレイン叢書
出版元 昭和堂
刊行年月 1996.5
ページ数 242, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4812296013
NCID BN14366210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96064564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想