広告のあけぼの

井家上隆幸 著

沼間守一を社長とする東京横浜毎日新聞の広告部責任者から、明治21年、日本の広告取次業の嚆矢「廣告社」を創業した湯澤精司。広告業界のロマンと盛衰を活写する人間史話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 血を滾らせて
  • 第2章 広告取次創世紀開幕
  • 第3章 独立不羈
  • 第4章 精司、寡占体制を牽引する
  • 第5章 廣告社の"黄金時代"
  • 第6章 独りわが道を往く
  • 第7章 死中に活を見出して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広告のあけぼの
著作者等 井家上 隆幸
書名ヨミ コウコク ノ アケボノ : コウコクシャ ユザワ セイシ ト ソノ ジダイ
書名別名 廣告社・湯澤精司とその時代
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2013.5
ページ数 352p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2270-2
NCID BB12669986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22257041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想