マラーを殺した女 : 暗殺の天使シャルロット・コルデ

安達正勝 著

ダントン、ロベスピエールと並び称される、フランス革命の大指導者マラーを暗殺した美貌の女性、シャルロット・コルデ。彼女はなぜ革命の嵐に身を投じ、マラーに標的を定めたのか。フランス革命をフェミニスムの歴史の中に位置づける独自の視点から、シャルロットの思想と行動を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 修道院から革命的動乱の中へ
  • 2 なぜ、マラーか
  • 3 揺るぎなき一撃
  • 4 天使の微笑
  • 終章 革命の残照

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マラーを殺した女 : 暗殺の天使シャルロット・コルデ
著作者等 安達 正勝
書名ヨミ マラー オ コロシタ オンナ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1996.3
ページ数 328p
大きさ 16cm
ISBN 4122025583
NCID BN14129361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96064514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想