木版画を読む : 占星術・「死の舞踏」そして宗教改革

森田安一 著

「イソップ寓話」を借りた人文主義者の政治的ビラ、占星術や「死の舞踏」に託された教会批判、宗教改革に寄与した北方ルネサンスの画家たち…。16世紀のドイツ図像によって民衆に伝えられたさまざまなメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 狐を使った狐狩り
  • 第2章 天空における不可思議な会合
  • 第3章 宗教改革期の占星術
  • 第4章 「死の舞踏」と贖宥状
  • 第5章 魂は天国へ飛び上がる
  • 第6章 画家たちの宗教改革
  • 第7章 神に背いた画家たち
  • 第8章 改革運動と讃美歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 木版画を読む : 占星術・「死の舞踏」そして宗教改革
著作者等 森田 安一
書名ヨミ モクハンガ オ ヨム : センセイジュツ シ ノ ブトウ ソシテ シュウキョウ カイカク
出版元 山川出版社
刊行年月 2013.5
ページ数 346,18p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-634-64065-8
NCID BB12523313
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22254202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想