無窮花を知らなかった頃 : 回想・わが心の木浦

辻美沙子 著

太極旗は波のように揺れて…。港町木浦の8月15日。兄のように慕った韓国人少年や韓国独立運動の志士との交流を軸に、昭和10年代から終戦直後の"嵐の時代"を描く。桜が日本の花であるように、ムグンファ(日本名=むくげ)は韓国・朝鮮を象徴する花。しかし、日本の植民地統治の下で、この花は自由に咲くことを許されなかった。本書は韓(朝鮮)半島最南端の港町、木浦に生まれ育った著者の、ムグンファを知らなかった時代の回想記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 白の記憶
  • 望郷、木浦の海
  • 忘れ得ぬ人チョンガー
  • 崔承喜、三浦環、双葉山
  • 「皇紀二千六百年」奉祝の陰で
  • 開戦、そして暗転
  • 韓国独立運動の志士
  • 禁じられた花ムグンファ
  • 別離の日
  • 白昼夢〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無窮花を知らなかった頃 : 回想・わが心の木浦
著作者等 辻 美沙子
書名ヨミ ムグンファ オ シラナカッタ コロ
書名別名 Mugunfa o shiranakatta koro
出版元 世界日報社
刊行年月 1995.10
ページ数 312p
大きさ 19cm
ISBN 4882010585
NCID BN13841658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96063837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想