人間・国家・戦争 : 国際政治の3つのイメージ

ケネス・ウォルツ 著 ; 渡邉昭夫, 岡垣知子 訳

なぜ戦争は起こるのか?どうすれば戦争をなくせるのか?国際政治学の基礎をつくった不朽の名著をついに完訳。古来、あらゆる思想家が論じてきた戦争原因論を、人間、国家、国際システムの3つに体系化し、深く、鋭く、描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 第1イメージ-国際紛争と人間行動
  • 第3章 第1イメージからの推論-行動科学と国家間暴力の削減
  • 第4章 第2イメージ-国際紛争と国内構造
  • 第5章 第2イメージからの推論-国際社会主義と第一次世界大戦の到来
  • 第6章 第3イメージ-国際紛争と国際的アナーキー
  • 第7章 第3イメージからの推論-経済、政治、歴史の例
  • 第8章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間・国家・戦争 : 国際政治の3つのイメージ
著作者等 Waltz, Kenneth Neal
岡垣 知子
渡辺 昭夫
Waltz Kenneth N.
渡邉 昭夫
ウォルツ ケネス
書名ヨミ ニンゲン コッカ センソウ : コクサイ セイジ ノ ミッツ ノ イメージ
書名別名 Man,the State,and War
出版元 勁草書房
刊行年月 2013.5
ページ数 240p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-30218-5
NCID BB12500497
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22254882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想