酒つながり : こうして開けた酒の絆

山本祥一朗 著

作法や知識にかたよらず、酒文化が育む絆=人との縁のつなぎ方・進め方・深め方を探ってみよう。酒ジャーナリスト歴45年の実績から要所をまとめた好エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 酒の味の表現を考える
  • 2 酒の流れを読み物で
  • 3 酒で一体感になる習性
  • 4 酒を注いだり注がれたり
  • 5 酒をつなぐ小道具の歌、ネクタイ
  • 6 酒の進物を考える
  • 7 揺れた酔心地、飲んだ酔心地
  • 8 世界にみた酒の断片
  • 9 よく知られた人の酒
  • 10 酒を売った体験記-お客への姿勢という商売の原点は不変

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒つながり : こうして開けた酒の絆
著作者等 山本 祥一朗
書名ヨミ サケツナガリ : コウシテ ヒラケタ サケ ノ キズナ
シリーズ名 ほろよいブックス
出版元 社会評論社
刊行年月 2013.5
ページ数 199p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7845-1716-9
全国書誌番号
22253072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想