詩と小説のコスモロジィ : 戦後を読む

古谷鏡子 著

文学は言葉の芸術だから、著者は詩や小説の言葉を丹念に、精緻に分析してゆく。すると、「個人と社会の二元的均衡」(本多秋五)などといわれる戦後文学のうちに、むしろ近代的自我もあらゆる二頂対立も無化するような死、狂気、闇の世界への凝視がみえてくる。だが、それによって文学は、何とゆたかな可能性をとり戻すことだろう。これは新しい角度からの戦後文学論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦後を読む
  • 2 女たち
  • 3 小説から詩へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩と小説のコスモロジィ : 戦後を読む
著作者等 古谷 鏡子
書名ヨミ シ ト ショウセツ ノ コスモロジィ
書名別名 Shi to shosetsu no kosumorojii
出版元 創樹社
刊行年月 1996.4
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4794304005
NCID BN14664864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96063689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想