電磁波はなぜ恐いか : 暮らしの中のハイテク公害

天笠啓祐 著

家庭や職場、大気中に飛び交う電磁波が日常生活にトラブルを起こしだした。噂される電子レンジ、携帯電話、OA機などの危険性。本当にリニア・モーターカー、AT車、高圧送電線は大丈夫なのか。医用機器誤作動との関係は。-など、ハイテク時代の新しい公害を考える。最新情報を加え増補改訂。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 電磁波って、いったいどういうものなんですか?
  • テレビを近くで見ることは体によくないって本当ですか?
  • ファミコンでてんかんになるって本当ですか?
  • 携帯電話を使っていると脳腫瘍になると聞きましたが…
  • 電子レンジの体への安全性は大丈夫なのでしょうか?
  • 電磁調理器を使いたいのですが不安はないのでしょうか?
  • 電気毛布を使っていると異常出産になるって本当ですか?
  • 高圧送電線が近くにできるので不安なんですが…
  • 高圧送電線の近くの赤ちゃんに白血病が多いって本当ですか?
  • 家庭内ではどれぐらいの電磁波が出ているのでしょうか?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電磁波はなぜ恐いか : 暮らしの中のハイテク公害
著作者等 天笠 啓祐
書名ヨミ デンジハ ワ ナゼ コワイカ
書名別名 Denjiha wa naze kowaika
シリーズ名 プロブレムQ&A 3
出版元 緑風
刊行年月 1996.5
版表示 増補改訂版.
ページ数 181p
大きさ 21cm
ISBN 4846196097
NCID BN14461302
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96063334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想