文明化した人間の八つの大罪

K.ローレンツ 著 ; 日高敏隆, 大羽更明 訳

動物行動学をうちたてた世界的権威が語る人類危機への指摘と回復への提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生きているシステムの構造の特徴と機能の狂い
  • 第2章 人口過剰
  • 第3章 生活空間の荒廃
  • 第4章 人間どうしの競争
  • 第5章 感性の衰滅
  • 第6章 遺伝的な頽廃
  • 第7章 伝統の破壊
  • 第8章 教化されやすさ
  • 第9章 核兵器
  • 第10章 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明化した人間の八つの大罪
著作者等 Lorenz, Konrad
Lorenz, Konrad Z.
大羽 更明
日高 敏隆
ローレンツ コンラート
書名ヨミ ブンメイカシタ ニンゲン ノ ヤッツ ノ タイザイ
書名別名 Die acht Todsünden der zìvilisierten Menschheit

Bunmeikashita ningen no yattsu no taizai
出版元 新思索社
刊行年月 1995.11
版表示 新装版
ページ数 166p
大きさ 20cm
ISBN 4783502129
NCID BN13582389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96063279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想