ピアノの誕生

西原稔 著

ピアノが誕生して楽器として進化する背景には産業革命があった。メーカー同士が競った技術革新と市場開拓が相互に影響しあって商品として普及していき、十九世紀の中産階級の台頭と軌を一にして富の蓄積と誇示の象徴として量産され、「繁栄する未来」を予感させた。日本への導入と伝播もすくい取りながら、ピアノと近代産業化する社会との関係を考察し、身近なピアノの誕生秘話に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ピアノの誕生-楽器の向こうに「近代」が見える(戦争と革命が発展を促す
  • 産業の楽器
  • ヴィルトゥオーソの時代
  • ピアノという夢
  • ピアノ狂騒曲
  • 自動楽器
  • 日本のピアノ)
  • 第2部 近代産業とピアノ-ベートーヴェンとリストの苦悩(ピアノと鉄の文化
  • ベートーヴェンとピアノ
  • フランツ・リストと十九世紀社会
  • 十九世紀社会の音楽-労働と消費、家庭と国家の力学のなかの音楽
  • 兼常清佐と西洋音楽)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピアノの誕生
著作者等 西原 稔
書名ヨミ ピアノ ノ タンジョウ
書名別名 Piano no tanjo
シリーズ名 青弓社ルネサンス 5
出版元 青弓社
刊行年月 2013.5
版表示 増補版.
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7872-7331-4
NCID BB12464586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22253714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想