イスラームの「英雄」サラディン : 十字軍と戦った男

佐藤次高 著

聖地エルサレムの奪還。全イスラームの悲願を背に、エジプトの君主、サラディンは起った。国際都市カイロの開発、十字軍との死闘…。中東の人びとの心に、今なお生きつづける「英雄」の本格的伝記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ サラディンの生きた時代
  • 第1章 修行時代
  • 第2章 エジプトの若きスルタン
  • 第3章 カイロからエルサレムへ
  • エピローグ サラディン以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラームの「英雄」サラディン : 十字軍と戦った男
著作者等 佐藤 次高
書名ヨミ イスラーム ノ エイユウ サラディン
シリーズ名 講談社選書メチエ 75
出版元 講談社
刊行年月 1996.5
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062580756
NCID BN14350436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96063046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想