焼きすてられた日の丸 : 基地の島・沖縄読谷から

知花昌一 著

基地のなかの村、読谷に育った著者が沖縄の現実にめざめ、復帰運動に情熱を注いだその青春と日の丸焼き捨てにいたる読谷の反戦平和の運動を語る。歴史的な日の丸裁判の公判報告も興味深い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日の丸を焼く
  • 第2章 読谷、わが青春
  • 第3章 読谷の反基地運動と基地沖縄
  • 第4章 チビチリガマ「集団自決」と沖縄戦
  • 第5章 裁かれる日の丸

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 焼きすてられた日の丸 : 基地の島・沖縄読谷から
著作者等 知花 昌一
書名ヨミ ヤキステラレタ ヒノマル
書名別名 Yakisuterareta hinomaru
出版元 社会批評社
刊行年月 1996.5
版表示 増補.
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 4916117212
NCID BN14658453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96063082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想