ラムサー真・聖なる預言

ラムサ 著 ; 川瀬勝 訳

ラムサは我々が俗に宇宙人と呼ぶ存在であり、一人の女性チャネラーを介し、人間にメッセージを伝えるべく「変化の風を携えてこの地上界にやって来た」。本書はラムサが語った"愛の哲学"であり、「知識と愛を溢れさせるような、偉大で光り輝く」預言の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わが名はラムサ
  • 皆がわが臣民であったとき
  • 神はただ在るのみ
  • 神を見よ
  • この生の後にくるもの
  • 死か、あるいは昇華するのか
  • 創造と進化
  • 天使よりも高き存在
  • 姿ある神
  • 愛という贈り物
  • ただひとつの真実〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラムサー真・聖なる預言
著作者等 Ramtha
川瀬 勝
ラムサ
書名ヨミ ラムサ シン セイナル ヨゲン
書名別名 Ramtha
出版元 角川春樹事務所
刊行年月 1995.10
ページ数 329p
大きさ 20cm
ISBN 4870312298
全国書誌番号
96062944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想