ビスマルク : ドイツ帝国の建国者

大内宏一 著

ドイツ帝国の建国者として知られているビスマルクは、なぜプロイセンの指導者になることができたのだろうか。1848年革命のときには実現できなかったドイツの国家的統一を、なぜ彼は実現することができたのだろうか。そして、彼が築いたドイツ帝国はどのような特徴をもつ国家であったのだろうか。時々のビスマルクを取り巻く背景や状況に注目しながら、これらの問いにたいする答えを追求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドイツ帝国の建国者
  • 1 プロイセン首相への道
  • 2 ドイツ統一への道
  • 3 ビスマルクの築いたドイツ帝国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビスマルク : ドイツ帝国の建国者
著作者等 大内 宏一
書名ヨミ ビスマルク : ドイツ テイコク ノ ケンコクシャ
シリーズ名 世界史リブレット人 65
出版元 山川出版社
刊行年月 2013.4
ページ数 87p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-35065-6
NCID BB1251102X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22249273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想