永遠の魔法

ジェニファー・グリーン 作 ; 宮沢ふみ子 訳

エアリアルの経営するギフトショップは子供たちのたまり場だった。その日もお下げ髪の少女がマジックコーナーにいるのを見つけ、子供好きの彼女はいつものように話しかけた。「あなたのお名前は。ママはどこ」「あたしはキラー。ママは出ていっちゃったの」鼻の頭の汚れや膝のすり傷から少女の家に女性がいないことがわかる。強がっていても本当は寂しくていかたがないのだろう、エアリアルが手品を披露するとなかなか帰ろうとしない。キラーの話からすると、父親はこちこちの現実主義者のようだし…。ところがキラーが帰って、エアリアルは気がついた。どうやらあの子は店のものを万引きして帰ったらしい。そして数日後、こちこちどころか男らしくて魅力的な父親とともに、キラーが万引きした品物を返しにやってきた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永遠の魔法
著作者等 Greene, Jennifer
宮沢 ふみ子
グリーン ジェニファー
書名ヨミ エイエン ノ マホウ
シリーズ名 シルエット・ディザイア D649
出版元 ハーレクイン
刊行年月 1996.5
ページ数 156p
大きさ 17cm
ISBN 4833527936
全国書誌番号
96062385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想